香りの記憶

私は香水が好きです。
正確には、香水瓶が好きです。
19-05-30-22-40-01-548_deco.jpg

10代の頃からこつこつ集めたサルバドール・ダリの香水。

ラグーナやダリッシムはもちろん、ダリフロールがお気に入りです。
かなり古いものなので体につけるのは勇気が要りますが、たまに蓋を開けて香りを嗅ぐのが秘密の楽しみ。

19-05-30-22-40-39-779_deco.jpg

見辛くてすみません、奥にある、この真っ赤なボトルのルビーリップスは、特別な思い出があります。

香りの記憶とは強烈なもので、直接脳に絵が描かれるように鮮やかに甦ります。

特徴的な少し強めの香り。
甘いとか濃厚とか、そういった一言では表せない、
イメージとしては冬の寒い日にツンと香らせたい大人の女性の香りです。



20代のころ歳上の画家と付き合っていたのですが
えっ 聞いてない?

ちょっと昔話させてよ


20代のころ歳上の画家と付き合っていたのですが、これは彼のお気に入りの香りでした。



付き合う前、片想いのまま1年以上が経ったある日、初めてこの香水を付けて彼に会いました。
その時いいにおいだ、と言われたことは今でも思い出せます。
笑っちゃうよねもう随分昔のことなのに。

まもなく恋人同士になって、あの頃の私は少女のようにドキドキしていました。


彼と会う時だけ、この情熱的な香りをふりかけました。


遠距離の為ひと月かふた月に1度しか会えなかったけれど、会うたびに私に近づき深呼吸して、いいにおいだ、と言っていたのを思い出します。


残念ながら数年でお別れすることになってしまったのですが。


私はいつもふたまわり歳上の彼を、先生、先生と慕って
先生も私を、きみ、と呼んで

今までで一番泣いて、一番好きな恋でした。

今でも一番思い出す恋です。


今はもうあんな小説のような恋をする気力はないけれど、この真っ赤なボトルのルビーリップスを見ると少し胸がむず痒くなるのです。
まだまだ若かった私は、精一杯背伸びをしてこのツンとした大人の香りを纏っていたのです。



この香水を棚に戻してそっと扉を閉じる時、必ずこの香りについてくる恋の記憶も仕舞うのです。
ふだんは、どうか思い出さないようにと。

この記事へのコメント

シャネルの5番
2019年05月30日 23:15
なんて甘い恋。文脈からシトラスの香りが漂ってきました
あかりちゃん
2019年06月01日 22:06


>シャネルの5番さん
コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
そう、喉が焼けそうなくらい甘い思い出なんです。