シーアンドサン イン カダケス

カダケスの海はどんなに暖かいのだろう。そう思わせる香水です。

IMG_4756.JPG
 

シーアンドサン イン カダケス。

結婚するなら、スペイン・カダケスまでダリの白い家を一緒に見に行ってくれる人。

と決めていた若いころを思い出すフレグランス名です。


 

ボトルをプッシュした瞬間にブラックカラントの甘酸っぱさが弾けるように香りますが、すぐに過ぎ去ってしまうのがもったいない。

ミドルは甘く優しいだけでなく、落ち着いたような、なにか沈んでいくような、ブルーロータスのせいなのか?少しオリエンタルな印象を与えてくれる香りです。

透明感のある香りですがラストに向かって次第にクリーミーさを感じます。

抽象的な表現にはなりますが、アンバーとムスクが丸く、重たくなってきます。

私はこのラスト部分が好きです。贅沢で魅惑的で、なのにあとは消えていくだけ。


IMG_4768.JPG
 

スペインの海をイメージした青いボトルとフレグランス名から、もっとフレッシュな香りかと思っていましたが、よくある爽やかなだけの香りではありません。

透明なブルーグリーンのボトルはラグーナと並べたくなりますね。

IMG_4737.JPG


さて、日中は子供や妊婦さんに会う機会も多いので、基本的に香水は自分のリラックスのために使っています。
私の付け方はお風呂上がりに肘の内側、です。
そうするとベッドに入る頃に前述のまろやかなラストを楽しみながら眠れます。

日中使うときはウエストにワンプッシュにしています。
これなら周りには香りすぎないけれど自分では少しわかる。
心配な時は化粧用コットンにプッシュしてから肌に乗せています。
 


一応女性用ですが、男性でも大丈夫とのこと。

ですが私は、この香りを纏える男性は日本にはそうそういないのでは、と感じました。
 

少し個性的な不思議な、まさにダリのような。
ぜひ1度体験してほしい香り立ちです。


IMG_4767.JPG


PAMインターナショナルさま「第一期香りのアンバサダー」としてサルバドールダリの香水について今後もお伝えします。

ダリの香水壜は10代の頃からこつこつ集めていたので、今回このようなご縁に恵まれて運命を感じています。

たくさんある香水の中のから何を選ぶかかなり迷いましたが、今月は夏にぴったりの「シー アンド サン イン カダケス」をご紹介しました。




IMG_4769.JPG
#香りのアンバサダー
#提供PAMインターナショナル
#PR

"シーアンドサン イン カダケス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント